top of page

アルスヘキサコンソーシアム、仁川空港でのブランドプロモーションセンターを10月12日にオープン

2023-10-11



アルスヘキサコンソーシアムは、仁川国際空港において、自社が建設中の美術品保管施設についてのマーケティングを展開することとなりました。本日、10月12日に、仁川国際空港ターミナル1の空港鉄道駅入口中央に位置するブランドエクスペリエンスゾーンに、「アルスヘキサフリーポートプロモーションセンター」が設置され、美術品保管施設の実際のスペースとサービスを体験することができるようになります。



アルスヘキサは、今月10月にフランスのパリで開催される「パリ+アートバーゼル」にパートナーとして参加し、海外の需要やコンサルテーション、ブランドプロモーションのために設置することを発表しました。プロモーションセンターには、美術品の保管スペースに適用される最新の技術、ULクラス認定を受けた金庫室やパネルなど、美術品の保管、輸送、復元、評価などのサービスに関する説明が提供されます。


将来的には、プロモーションセンターでVIPインタビューや記者会見、リース契約の相談などが行われる予定です。プロモーションセンターは3ヶ月間営業し、午前6時から深夜0時まで営業しています。



2026年に完成予定のアルスヘキサ美術品保管施設は、仁川国際空港のFBOゾーンに位置し、5階建ての大規模な施設で、総床面積は97,041平方メートルです。



Comments


bottom of page